FC2ブログ
2014
08.17

夏休みも本日で終了。。。
明日から仕事ですが、今年は「もうそろそろ働いてもいいかな~」な気分です(笑)
お局との関係も薄れ、職場環境がストレスレスなのって素晴らしい!!と思いますよ、ほんと。
実家に日帰り帰省したり、顔筋マッサージに行ったり、ちょこちょこ用事を済ませて終わった感じです。
そうそう、病院にも行って、卒業宣言していただきました♪
病気が完治して寂しいってのもおかしいですが、なんとなく虚脱感というか、あー終わった終わったという寂しさを感じてしまいました。
これも完治したから言えることなんですよね、きっと。

ダラダラ過ごして読書もイマイチ熱が入っていませんが、貯まりに貯まったジムの回数を減らすべく、ヨガやらピラティスやら果てはフラまで参加してみました!
この頃、足の筋力の衰えを感じる。。。
涼しくなったら、ウォーキングを始めないとヤバいなーなんて思っています。
スポンサーサイト




Comment:0  Trackback:0
2014
08.04

「PIECE OF PEACE」レゴブロックで作った世界遺産展

堂島リバーフォーラムで開催している、LEGOで作った世界遺産の展覧会「PIECE OF PEACE」を観に行ってきました!
いや~~~~、楽しかったです♪
信じられないくらい細かいところまで作り込まれていて、、、美しかった~~




140804-4.jpg

140804-3.jpg

140804-2.jpg

140804-1.jpg

140804-5.jpg

会場内がかなり暗めだったんだけど、雰囲気はともかくもう少し明るくてもいいのでは?

Comment:0  Trackback:0
2014
07.27

なんだかブロックマンが続きますが、積み残していた新シリーズを半分ほど読了しました。
この世界観、すごく面白い!
ナリーニの PSY-CHANGELING Series 共々、気になるパラノーマルのシリーズができて嬉しいです♪

時代小説は西條奈加「まるまるの毬」を読みかけていますが、風の市兵衛の最新刊が出るので、そっちも早く読みたい!

Comment:0  Trackback:0
2014
06.22

半年の御無沙汰です。

気が付けば、半年放置状態でした。。。ご無沙汰してます!
この半年間、いろいろと忙しかった、というか読書にあまり身が入らなくて。。。
職場で2人の交代があり、自分の仕事もまだ1年も経っていないのに大きく変わりました。
その合間に、3月に婦人科の持病でいよいよ手術をする決意をし、とりあえずそれに向けて気持ちを奮い立たせる日々。
まあ、手術自体は腹腔鏡の手術だったので心配はしていなかったのですが、我が家の猫が同じく持病ありなんで、、、
そっちの心配のほうが大きかったです。
で、6月中旬に手術して、先生曰く「激早プラン」で退院、現在は自宅で療養中なのでした~。
腹圧がかかると、やっぱり痛みがあるので、ボチボチと家事をこなしつつ駅前くらいまでは頑張って買い物に行ったり。
入院してみて思うのは、友達の有難さです。
うちは実家の母も具合が悪く手術に立ち会えなかったので、そのあたり全て友人たちにフォローしてもらいました。
ほんと、心の底から感謝です。
そして、ほんの短い間だったけどいっしょに入院生活を過ごした同室の方々も、みんな前向きで気さくで、私も気兼ねなく入院生活を送ることができました。
いろんなことに感謝しつつ、まずは来週からの職場復帰をがんばろうと思っています。
レヴューは。。。本、あんまり読んでないんで(笑)
新刊情報も穴があいてしまいましたが、長い間やっているとこういうこともあるさと、開き直って(笑)また復活したいと思います。
皆様、いかがお過ごしでしたか?
平凡な人生でも、いろんなことがあるもんです。
でも、苦しいことも終わってしまえばあっという間なんだな、と後になって必ず思えるはず!

Comment:2  Trackback:0
2014
01.13

年末に読んだ時代小説を一気に書いてみました。
2014年版この時代小説がすごい!も出たし、まだまだ読みたいものが多すぎます(笑)

風邪は何とか回復にむかっているようですが、油断大敵。。。

Comment:0  Trackback:0
2014
01.13

「鳥の子守唄」風野真知雄

Category: 時代小説
鳥の子守唄  姫は、三十一 5 (角川文庫)鳥の子守唄 姫は、三十一 5 (角川文庫)
風野 真知雄

KADOKAWA/角川書店 2013-12-25
売り上げランキング : 4209

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


「姫は、三十一」シリーズ5作目、かる~~く読了。
なんというか、この軽さがもちろん魅力なんですが。。。(笑)
静湖姫のぼやきが、毎度のことながら笑えます。
江戸の姫も、食べすぎたら屋敷のまわりを走るとか、現代女子と同じことするのね~。
今回、姫を慕う新しキャラは登場せず、そのかわり姫の「モテ期」間違い説が浮上して、、、どうなるんでしょう、この後?
そろそろ岡田がもう少し活躍しないとダメなんでは??
Comment:0  Trackback:0
2014
01.13

「倅の了見」辻堂魁

Category: 時代小説
倅の了見: 読売屋 天一郎(三) (光文社時代小説文庫)倅の了見: 読売屋 天一郎(三) (光文社時代小説文庫)
辻堂 魁

光文社 2013-12-05
売り上げランキング : 61663

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


読売屋天一郎シリーズ3作目、今回は天一郎の亡き父親の過去をメインに、それぞれが御家人の部屋住みだった「末成り屋」の面々の立場が描かれていて楽しめました。
老侍の竹川の秘密が明らかになっていくにつれて、切なく胸が苦しくなるような展開で、それを潔く最後にまとめたって感じでしょうかね。
辻堂魁の描く作品は、冬の空気感というか、しんしんとしていて、胸がきりきりとなり、それでいて清々しい匂いがするような、、、とにかく、私はそのきりっとした雰囲気が大好きですね。。。
天一郎と美鶴の関係は、このままもどかしいまま続いて欲しいです(笑)

Comment:0  Trackback:0
2014
01.13

「闇の黒猫」野口卓

Category: 時代小説
闇の黒猫: 北町奉行所朽木組 (新潮文庫)闇の黒猫: 北町奉行所朽木組 (新潮文庫)
野口 卓

新潮社 2013-11-28
売り上げランキング : 22291

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


北町奉行所朽木組シリーズ1作目、短編の連作形式、盗賊「闇の黒猫」を繋ぎながらの展開、1つの事件の謎が日常に潜むちょっとした不思議のように解かれていて、とっても面白かったです。
「くちきかん」の旦那のキャラも良いし、勘三郎の家族や手下たちのキャラも、きめ細やかに描かれていて秀逸!
頁をめくるのがちょっともったいなくなるようなこういう作品、なかなか久しぶりでした。
野口卓は「軍鶏侍」シリーズで有名ですが、もっとキリキリとした作風なのかと思ってました。
そっちもまた時間を作って読んでみたくなりました。

Comment:0  Trackback:0
2014
01.13

「波乱」上田秀人

Category: 時代小説
波乱 百万石の留守居役(一) (講談社文庫)波乱 百万石の留守居役(一) (講談社文庫)
上田 秀人

講談社 2013-11-15
売り上げランキング : 11912

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


百万石の留守居役1作目、面白かったです!
若い数馬と、出戻りの姫:琴のやり取り、というか琴にやり込められる数馬のオロオロぶりが可愛かったです。
とはいえ、そればかりではなく、もちろん政権内のグダグダを描いたらとっても上手い上田秀人らしさは存分にあって、今後いったいどういう展開になるのかシリーズが楽しみです。
このまま、数馬と琴は遠距離恋愛するのかね~?

Comment:0  Trackback:0
2014
01.13

「鬼の祝言」小松エメル

Category: 時代小説
一鬼夜行 鬼の祝言 (ポプラ文庫ピュアフル)一鬼夜行 鬼の祝言 (ポプラ文庫ピュアフル)
小松エメル

ポプラ社 2013-11-01
売り上げランキング : 48095

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


「一鬼夜行」シリーズ5作目、むーーん、だんだんこのまどろっこしい展開にダルくなってきたかも(笑)
とは言え、今回はなーーんと!あの奥手?!というか女っ気ゼロな喜蔵が、ものすごく頑張ったけど!!
そうか、そうくるか?ってラストのほうは思いました。
やればできるじゃないか、喜蔵くん!(笑)
それにしても、妖怪ものがあんまり好きじゃない私には、グダグダと妖怪たちに関する過去話が続き、相変わらずぴりっとは終わらない物語展開に、少々飽きてきたかもしれません。
喜蔵くんのその後、読む気力が続くかな。。。(^_^.)

Comment:0  Trackback:0
back-to-top